カテゴリー : 寺子屋, 相続寺子屋 関東

令和元年12月20日(金18時15分~20時15分)浅草の泰昭山寿仙講演で相続寺子屋東京が開催されました。
 
題目は「検事時代の体験を通じて学んだ人間学」
講師は麻生興太郎氏(弁護士)です。
 
1、何故検事に任官したかを含めた自己紹介 
2、独任官庁としての検事及び警察との 関係 
3、素朴な疑問・常識的な判断 
4、被疑者の心を開かせる
5、頭脳を使い、情報を収集し て困難な局面を打開した事例 
6、石橋を叩いたら渡る決断力―ロシア人男女による殺人事件
7、まとめ・検察精神等
 
検事時代の実例に基づいたお話は、相続コンサルにも通ずることが多くありました。
ありがとうござます。